ふるさと納税がお得なのか検証する

ふるさと納税について検証する

還付や控除は家族構成と収入で変わる

ふるさと納税で寄付をした際にいくらの金額から還付や控除の対象になるかは、その方の家族構成と収入で異なります。
事前にシュミレーションをしてこの制度を上手に活用しましょう。

基本的な内容として、寄付金から自己負担額である2,000円を差し引いた金額が控除や還付の対象です。
最近はサイトでこれらの計算が簡単に出来るので利用すると便利です。

単身なのか夫婦で共働きなのかなどの内容で、対象となる金額が変わるのが特徴になります。
ワンストップ特例制が利用できる場合があるので、基準に該当する方は便利です。
もともと確定申告の必要がない方や医療控除がない方はこの制度が利用が可能で、五か所まではワンストップ特例制で控除が行われます。

寄付から控除までの流れ

ふるさと納税でお得になるには、寄付から控除までの流れを把握する事です。
最初にどの自治体をふるさと納税を寄付する対象にするか選びます。
メリットがあるのは一年間で5か所までが目安なので、寄付をする個所を注意をしましょう。
寄付をするとお礼の品と共に寄付金受領証が届くので、この証明書を確定申告に使用する事が可能です。

この手続きを行うと所得税から還付され、住民税から控除が受けられます。
重要なポイントは手続きに必要な寄付金受領書を手続きを行うまで保管しておく事であり、万が一お礼の品と同封されていない場合は担当部署に確認が必要です。
また手続き後に実際に還付や控除がされたか書類で調べる事がポイントになります。